健康効果がアップ

ダイエット

善玉菌が増えると

人の腸には、良い菌である善玉菌、有害な悪玉菌、どちらでもない日和見菌が住んでいます。ストレスや食生活の乱れで、腸内環境が悪くなると悪玉菌が増えて便秘や下痢、疲れなどの不快な症状が出てきます。血流が悪くなるので、免疫力が落ちて病気になりやすくなったリ、代謝が悪くなり肥満体質になります。悪玉菌が優勢になると、どちらでもない日和見菌も悪玉菌の味方になります。腸内環境を整えるには、善玉菌を増やすことが大切です。善玉菌を増やすために必要な成分が、食物繊維をオリゴ糖です。食物繊維が多く含まれているのが、豆類、海藻類、きのこ類、イモ類です。オリゴ糖は、たまねぎ、ごぼう、こんにゃく類に多く含まれています。そして、発酵食品も腸内環境を整える善玉菌を優勢にするために必要な成分です。ヨーグルトやキムチ、みそ、甘酒に多く含まれています。これらの食品を、バランスよくとることで腸内県境を整えることができます。食事と同時に、質がいい睡眠も善玉菌を増やします。人は寝ている間に、成長ホルモンが分泌して腸内環境を整える効果があります。睡眠不足になると、自律神経が乱れて悪玉菌が増えていきます。夜は、早めに休むようにして寝る前のスマホやパソコンは避けましょう。室内の温度にも気を配ることが大切です。忙しい人は、食事のバランスが乱れがちなのでサプリメントで補給することもできます。腸内環境を整えるには、一定期間継続することが大事ですぐにやめたのでは効果は出ません。